年収200万円お父さんの日記

年収200万円からの脱出奮闘記

【お得ワザ!】楽天証券で日経新聞を無料で読んでみる

f:id:pochikichi:20171225003703p:plain

底辺から這い上がるには世の中の流れを知る必要があります。特に経済的な部分のトレンドは掴んでおかないといけない訳ですが、月間4,000円の購読料は高いですよね。

年間だと購読料は約48,000円になりますので、年収200万円の僕からするとそれだけで2.4%ものお金を消費してしまいます。いやいや、そんな出費は絶対無理じゃん。。

底辺から抜け出したいから新聞を読みたいのですが、新聞を読むと生活できなくなるというジレンマ。どうにかならないものかな~(´・ω・`)

無料で日経新聞を読む方法が存在した!

 ネットで色々検索をしてみると、無料で日経新聞を閲覧する方法が存在しました。
(ただし、紙の新聞が無料になる訳ではないので、注意が必要)

その方法はと言うと、楽天証券などの証券会社に口座を開設し、一定の条件を満たすことで日経新聞が閲覧できるようになる、というもの。

 証券会社は、顧客に株式などの投資商品を売買してもらうことで利益を得ていますが、口座を開設・維持してもらうことの見返りとして、日経新聞をはじめとした特典を用意しているという訳です。不思議なことに、日経新聞って読んでると株式や為替の売買をしてみたくなるものなんですよね。とてもよくできた仕組みだなー

スポンサーリンク

 

日経新聞以外も閲覧できる最強のシステム「日経テレコン」

楽天証券が提供している日経新聞のコンテンツは、「日経テレコン」というパッケージで提供されています。この日経テレコンは、平たく言うと日本経済新聞社が提供している国内外の総合経済データベースという表現が適切かと思います。データベースというくらいなので、過去の記事が検索できるだけでなく、媒体をまたいで(例えば、日経MJと日経産業新聞)検索が可能なため、調べたい内容をより深く調査することができるスグレモノです。以下、楽天証券向けにカスタマイズされた日経テレコンのコンテンツです。(画像は楽天証券のホームページより引用)

f:id:pochikichi:20171216232426p:plain

企業情報や業界動向に特化した日経産業新聞や、流通・マーケティング情報に特化した日経MJが無料で閲覧できれば、実質的な節約額は月間で1万円を超えてくるでしょう。日本経済新聞では手に入らないような情報に出会えるので、稼ぐためのヒントを掴む確率もグッと高まりそうです。

以前、収入が高い人はそうでない人に比べて新聞をよく読むという記事をみました。これって、収入が増えた結果、新聞を読むような習慣が付いた可能性は否定できないものの、やはり高収入の方は多くの情報に触れる努力をしているということはハッキリしていますね。僕みたいな低所得層は、楽天証券に口座を開設するなどして、お金をかけずに、とにかく多くの新聞を読むことが収入増加につながると信じて購読をすることが重要でしょう。

president.jp

日経テレコンを閲覧できるのは楽天証券以外にも存在

てっきり、楽天証券向けだけに日本経済新聞社が日経テレコンを提供していると思っていましたが、実はそうではないみたいです。以下の3社がネットで日経テレコンを閲覧できるようです。

  • 楽天証券(紹介済み)
  • 大和証券(国内2位の証券会社)
  • 丸三証券(国内18位の証券会社)

※順位は2016年の国内証券会社の売上高より抽出しています。

楽天証券以外の証券会社を紹介しておいて申し訳ないのですが、やはりオススメの証券会社は楽天証券です。スマートフォンアプリの「iSpeed」のおかげで、スマートフォンとの親和性が高く、通勤途中や空き時間にサクサク閲覧できるからです。

スマホアプリって、動作がもっさり(ゆっくり動く)しているものが多いのですが、iSpeedに関してはそれを感じる瞬間がほぼないです。細かな時間を有効に活用するにはアプリの性能自体も優れている必要があると思います。

楽天証券での日経テレコンの閲覧方法

楽天証券での口座が開設してあることを前提として日経テレコンの閲覧方法を確認していきます。(まだ未開設の方は開設自体には一切お金がかからないので、口座開設をオススメしますよー)

まず、僕のスマホがiPhoneなので、AndroidではなくiPhoneという前提も付け加えておきます。(たぶん、AndroidもiPhoneも操作性などにあまり大差はないように思います)AppStoreからiSpeedをダウンロードし、アプリを開きます。

メニューバーの「ニュース」(ピンク枠部分)のタブをクリックして、ニュースの項目が列挙されている画面に移ります。

f:id:pochikichi:20171217232722j:plain

この画面の最下部(ピンク枠部分)にある「日経テレコン」のリンクをクリックすると日経テレコンのリンクが立ち上がり、新しい画面が開かれます。

f:id:pochikichi:20171217232858j:plain

日経テレコンは割りと質素なインターフェースなんですよね。見た目がシンプルになっています。ちなみに、この画像のみ少し前に撮ったものなので、最新のものは少し違う感じになっているかもしれません。

f:id:pochikichi:20171217233048p:plain

基本的にはすごく簡単に閲覧できます。強いていうならば、iSpeedから日経テレコンで記事を読み始めるまでの間が少々ページの遷移が多くて面倒かな?というくらいです。まあ、そんなに気になる程でもないのですがね。

まとめ

低収入から脱却するためにはできる限りの努力、思いついたアイディアはどんどん実行していきたい。そのひとつとしてこの楽天証券での日経テレコンの閲覧も、効果的に使えるようになるといいかなーと。