年収200万円お父さんの日記

年収200万円からの脱出奮闘記

MARCHの学生も登録できる?ニクリーチという新しい就活サービス

なにやら怪しげが名前の就活サービスが登場しました。その名も「ニクリーチ」
勘のいい人は「おやっ?」と思うかもしれませんが、就職情報サービスで有名なビズリーチが運営するサービスです。肉フェスといい、「にく」という響きが人の注意をひきますね。

タダで焼肉を食べて、その上就活もできるサービス

f:id:pochikichi:20180309214000p:plain

 

タイトルに記載した「MARCH」レベルの学生の登録についてですが、問題ありません。僕はちなみに、Cの卒業生ですので、在学中であれば登録できたことになります。学歴によるフィルターは特にないので誰でも登録可能です。

ニクリーチは、企業の担当者と学生が「焼き肉」を通じて相互理解を深める場という触れ込みです。相互理解と言っても、企業はスカウトする気マンマンでその場に赴くでしょうから、実態としては、学生優位な就職活動の場と言えるでしょう。

僕が学生の頃にこういうサービスがあればよかったなー、と思いました。理由は単純で、「こういう先進的なサービス」を利用する企業は、新卒の学生を喉から手が出るくらい欲している会社だからです。とにかく、人に対する需要が圧倒的にあるということなんです。

求人サイトには、通常「是が非でも採用したい」という会社と「できれば採用したい」という採用意欲の異なる会社が存在します。(これを見分けるのは、実質不可能で、面接に行ってみるまでわかりません)

あまり意欲的でない会社は、往々にして入社してからも適当に扱われます。だって、絶対欲しくてとった学生じゃないんですもん。そりゃあ適当になりますよね。一方、心の底から学生を採用したいと願う企業は、中には例外はあるにせよ、人が不足している状態であることから、扱いはある程度丁寧にならざるを得ません。(なかには大量採用と大量離職がセットのブラック企業もありますが...)

 

つまり、何が言いたいかと言うと、いままで使ったこともないようなサービス(ニクリーチ)を使ってまで採用したいと思う企業は、間違いなく採用意欲の高い企業と言えるでしょう。

人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる

みんなと同じ就活に飽きている学生には特にオススメ

最近だと「就活の解禁日」が設定されたり、なにかと自分の意思で就活しづらい環境になってきました。これって、就活開始のタイミングを強制的に揃えられているみたいで、個人的にはめちゃ嫌い。なくなればいいのに。

だって、企業の人事なんて全然偉くないですよ、ぶっちゃけ。なんで人事に会うということに対して、エントリーシートを100枚も提出しなきゃいけないんでしょうかね。僕には合理的な理由が見つかりませんでした、学生時代に。

そんなこともあり、ニクリーチくらいの距離感が本当にちょうどいいと思うのです。「ちょっと焼肉食べて話でも聞いてみよう」という軽いノリで、学生も人事も会えばいいじゃないですか。元からね。

ピンと来た方はぜひ試して見て下さい。まだ始まって間もないサービスですが、少しでも、可能性が拡がればいいかなと思います。