年収200万円お父さんの日記

年収200万円からの脱出奮闘記

地方で転職活動する際は、求人サイトだけでなくハローワーク + 会社名検索が便利

f:id:pochikichi:20180315204411p:plain

一身上の都合で転職することになりました。これまで数回の転職歴がありますが、どれも東京で行っていたもので、今回は人口10万人にも満たない地方都市での転職活動となります。

改めて思うのですが、東京を含む首都圏って、仕事が選びたい放題という感じだったんだなーとつくづく思います。大したスキルもないにも関わらず、これまで転職活動も順調に進められました。自分の理想に近いキャリアを描けてきたのは、本当に感謝すべき環境だと思います。

さて、今回は地方で転職活動をする上で注意したいことや、そのポイントなんかをまとめてみました。IターンやUターンで地方に戻ってくる方などがいらっしゃいましたら、参考にして頂ければと思ってます。(参考にならなかったらスミマセン...)

まずは求人サイトをのぞいてみる

自分の希望に合致する求人があるかどうか探す際には、まずは求人サイトを見てみるのがいいでしょう。後述するハローワーク(いわゆる「職業安定所」)は企業側が募集をかけるにあたって、ほとんど金銭的な負担が必要ありませんが、求人サイトへの募集の掲載には相応のお金がかかります。

このことから、求人サイトに掲載を行う企業は、「採用費用をかけてでも、人材を獲得したい」という強い採用意欲のある企業ということになります。

登録する求人サイトはメジャーな求人サイトであれば、どこでも大丈夫でしょう。特に気にすることなく、検索をかけてみましょう。あっ、ちなみに、履歴書の情報を入力しておくと、企業側からオファーが来ることが多いので、まだの人はぜひ登録しておきましょう。

企業からのオファーは結構な確率で内定までつながりますし、入社時の給与交渉の際も有利に働くので、絶対にやっておきたいところです。

 地方で検索をすると居酒屋チェーン店みたいな全国募集の求人ばかり出てくる問題

ここからは、リクナビNEXTを例に書いていきます。これはリクナビNEXTに限った話ではないのですが、僕の住んでいる長野県で検索をかけてみると、全国展開している居酒屋チェーンやコンビニの正社員の求人がわんさか出てきます。「ワ〇ミ」とか。

リクナビNEXTですと、「北信越地域でのみ募集」という表示に変更出来る箇所があって、それをクリックすると北信越地域だけで募集している企業を見つけることができます。(全国で募集をかけている企業を検索対象から外すことができます)

f:id:pochikichi:20180315190241p:plain

もちろん、居酒屋や薬局、コンビニみたいなチェーンで働きたい人には不要な機能だと思いますが、全国展開している求人というのは得てして「転勤を伴う」と記載されている場合が多く、転勤が出来ない人にとっては本当に無駄な情報になりがちです。

そういった意味では、このように地域を限定した検索ができることは個人的にとても助かっています。ちなみに、僕はいま転職活動の真っ最中ですが、今週もリクナビNEXT経由で2件の面接が決まっています。

これから転職活動を始めるかたは登録しておくべき求人サイトだと思います。

ハローワークも情報の宝庫!

転職活動をしていると地方には隠れた優良企業というのが結構あることに気が付きます。この「隠れた」というのは意図して隠れている訳ではないと思うのですが、求人サイトなどにも載ってないし、PRも積極的に行っていないような会社が多いので、なかなか会社名すらもお目にかかれない状況があったりします。

僕の地域には賞与が7ヶ月分も出るような「超」業績好調の優良企業があるのですが、その会社さんもハローワークでのみ求人を出していました。

おそらく、伝統的にハローワークや学校からの紹介のみで採用を行っている会社は、求人サイトへの掲載は行わずに、ハローワークのみ求人情報の掲載を行っている会社が多いのではないかと思います。

そして何より、ハローワークにおける企業側のメリットは、掲載費用が一切かからないという点です。大手の求人サイトは当然ながら掲載を行うにあたり掲載費用がかかってきます。場合によっては、サイト経由で採用が決まった時にも費用が発生(掲載費用 + 採用決定費用)する媒体だってあります。

ハローワークは最も人気のある求人媒体といって間違いないでしょう。

会社名でも検索!

しかしながら、なかにはハローワークにも載っていないけれど、採用の募集をしている会社というのが存在します。このような会社を探すには一体、どうすればいいのでしょうか?

この場合はズバリ、「(市町村名) + (職種) + 会社概要 + 採用情報」というワードで検索をかけてみることです。これ、本当に使えるテクニックなので、これから転職活動をはじめるという方にはぜひ試して頂きたいです。

「採用情報」というワードは、「キャリア採用」ですとか、「経験者採用」、または「未経験可」のようなワードに置き換えてもOKです。あと、「会社概要」という検索ワードを入れているのは、求人サイトの掲載情報が検索に引っかかるのを防ぐためです。求人サイトの情報は求人サイトで見ればいいので、ここでは純粋な会社ホームページの採用情報を見つけることを目的としていますからね。

検索をかけてみると、企業が自社のホームページに記載している採用情報がわんさかヒットします。

ちなみに、僕の転職活動での検索例ですと、以下のようになります。

  • 「長野市 営業 会社概要 採用情報」
  • 「長野市 海外営業 会社概要 キャリア採用」
  • 「長野市 営業 TOEIC 会社概要 キャリア採用」
    ※TOEICは、採用条件にTOEICの点数を設定している会社を探すため

みたいな感じで検索をして、会社を探しています。検索結果はこんな感じ。

 

f:id:pochikichi:20180315203553p:plain

 赤枠で囲ってある箇所が企業のホームページの採用情報です。これだけ多くの会社情報が出てきます。10件の検索結果のうち、なんと9件も出てきました!

企業のホームページでは、社員紹介のページもあったりして、詳細な会社情報を確認することができるメリットもあります。

 

以上、地方で就職活動をしている皆様の参考になれば幸いです!

転職活動をはじめるタイミングについて書いた記事もあります。もしよろしければご覧下さい。

www.200papa.net